日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、行っています。ご連絡ください


●法律相談

2月12日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

2月16日(水)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

区政の転換期。区民生活ささえるため尽力します

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 オミクロン株の市中感染が確認され、最大限大限の対策が必要になっています。3回目のワクチン接種を直ちに進めるとともに、PCR検査・医療体制の拡充、区内中小業者など影響を受ける区民への支援、保健所機能強化など、引き続き対策強化のため力を尽くしていきます。

      ◇

 今年、区は基本計画(10か年)、実施計画(5か年)を策定します。介護、障がい者、住まいなど、それぞれの対策を拡充させ、デジタル化の進展から取り残される区民を生まないための対策を進めるために尽力します。

 子育て・教育は大きく動き出します。学校施設の更新計画が動き出し、七、八、九、十一の4つの区立中学校を2校に統廃合する計画は、通学区域が広がるなど子どもたちに新たな負担が押しつけられ、「子どもたちが中心に置かれていない」との声も上がっています。

 区立保育園の廃園・民設民営化や児童館・学童保育クラブの民営化は、子育てへの行政の責任放棄につながるので見直してほしいと不安が広がっています。目黒の子育て水準を低下させないよう取り組みます。

      ◇

 昨年の総選挙以降、にわかに改憲への動きが活発化しています。昨年12月の臨時国会では、岸田政権がこれまで以上に憲法9条を骨抜きにしようとする狙いを露わにしました。維新の会や国民民主党がこうした動きを推進する役割を担おうとしています。憲法9条破壊を許さない取り組みを進めます。


インデックスに戻る