日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、行っています。ご連絡ください


●法律相談

12月11日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

11月18日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

議会運営の検討は透明性、公開性の保障を=区議会で改善を提案

 昨年の今ごろ、議会運営について、あまりにも区民への透明性、公開性が乏しいため、新聞紙上で「裏会議」「暗黒議会」と揶揄された目黒区議会。今年度も議会運営について検討をしていこうとしていますが、相変わらずその検討過程について透明性、公開性が保障されないやり方が押しつけられました。

検討のあり方を議論

 最近の議会運営委員会で、議運委員長(自民)の提案という形で、議会運営についての各政党・会派、議員から提案があった場合の議運での進め方が示されました。

 それは、…鶲討提出されたら議会運営委員会に付議する前に、各会派により提案への評価(A、B、Cの3段階)を行い整理する、各会派の評価にCがなかった提案は、議会運営委員会で議題として協議を進める、I床舛烹辰あった提案は、議運委員長から要望提出者に結果を報告し議運の議題としない、い垢戮討猟鶲討瞭睛討よび評価結果は、サイドブックス(議会内のデータ保管のシステム)に掲示する、というもの。

一部の提案は議運に取り上げず

 この提案の問題点は、「C(取り上げない)」と評価された提案の内容は議運で取り上げられないため、議員にも区民にもサイドブックスに掲示されるまでは明示されないということです。これでは、各政党・会派、議員から出された提案について、どこの政党・会派がどう評価したのかの全体像がわかりません。また、自分たちの気に入らない提案を恣意的にはずすことも容易にできてしまいます。

 サイドブックスに評価結果を掲載するとしていますが、いつ掲載するのかも明らかにされていません。

すべての提案を議運で提示すべき

 日本共産党目黒区議団は、かねてから、議会運営検討事項の協議については、区民への透明性・公開性が保障されるべきだと主張してきた立場から、今回の議運委員長案は透明性も公開性も保障されないと考え、以下の改善を要望しました。

 1、議会運営にかかる提案を各会派・無会派議員から募り、そろったところで提案内容の全部を議運に示し、議運で優先順位をつける。

 2、議運で決めた優先順位に基づき、議運で議論。

 3、すべての提案内容および評価結果は、サイドブックスだけでなく区議会HPでも閲覧できるように提示する。

 4、もちろん、各会派・議員は議会での議論の内容や結果について発信することは自由とする。

議会運営の原則を自民など踏みにじる

 ところが、議運の構成会派である自民党、公明党、フォーラム目黒(立憲民主など)、新風めぐろ(無所属系)は「議運委員長提案通りで」と党区議団の提案を退けました。加えて、議運委員長は「議会運営は全会派一致で進める」という原則を踏みにじり、多数決による採決を強行しました。

 党区議団は、区民に対して議会の透明性・公開性を進めることが急務だと考えます。そのために、引き続き、力を尽くします。

インデックスに戻る