日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

5月8日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

5月20日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

ワクチン接種と感染防止対策を同時並行で=PCR検査の拡充を求める

 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まっています。目黒区も接種開始に向けて準備を始めていますが、区内でいったい、いつから接種が始まるのか、ワクチンが目黒区にどれくらいくるのか現時点では明らかではありません。

 区民のなかにもワクチンに期待する声と不安の声と錯綜(さくそう)しています。

 ワクチンの有効性、安全性、副反応のリスクについての国内外のデータを国民の前に明らかにするように、日本共産党は求めています。

 同時に、ワクチンは感染収束への有力な手段ですが、未知の問題も抱えています。厚労省はワクチンによる発症予防効果は臨床実験で確認されたが、感染予防効果については「明らかになっていない」としています。ワクチンの効果が長期にわたるのかも定かではありません。ワクチン頼みでは感染対策に失敗する可能性があります。

 現在、新規感染者の減少に伴い、検査数も減少しています。感染者減の今こそ、検査を思い切って拡大して感染を抑え込むことが重要です。

 日本共産党目黒区議団は、現在開かれている区議会第1回定例会の中で、高齢者や障がい者施設、介護ヘルパーや子育て施設などの職員や利用者へのPCR検査を抜本的に拡充するように求めました。無症状の人を含めた社会的検査で陽性者を早く見つけて保護をすることが求められます。

 世田谷区のような優れた取り組みがあるにもかかわらず、目黒区は消極的で、国や都の動向を注視すると言い続けています。まず、ここを突破したいと考えています。


インデックスに戻る