日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

8月1日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

8月20日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

新型コロナ対策など区に緊急予算要望

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。区内でも区役所内で感染者が確認され、私立認可保育園では保育士、園児16人の感染が確認されました。
区立小学校でも児童一人に感染が確認されています。PCR検査を早急に拡大し、感染者の全容をつかんでいくことが必要です。

 しかし、区の対応はPCR検査の対象拡大でも、感染防止への迅速な対応といった面でも遅れています。

 こうした状況を受け、日本共産党目黒区議団はこのほど、新型コロナ対策の強化を中心にした緊急予算要望を区長に対し提出しました。要望事項は別項の通りです。

要望事項

 1、医療・介護、障がい福祉、保育、教育にかかわる従事者については、早急にPCR検査を行うこと。

 2、福祉施設などでコロナ感染が発生した場合には、区と事業者が連携し濃厚接触者に制限することなく、希望する利用者、職員にPCR検査を行い、費用については区が援助すること。

 3、介護事業者、障がい福祉サービス事業者などのコロナによる影響を調査し、困窮する事業者への直接支援を再度、行うこと。

 4、国がデイサービスやショートステイの介護報酬を引き上げた結果、サービス内容が変わらないのに突然、利用料だけが高くなる事態になっています。利用料が増える部分については、自治体で補てんし、国に対して負担増をやめるように求めること。

 5、災害時において避難所の「3密」を防ぐため、パーテーションと段ボールベッドの備蓄を行うこと。

 6、コロナ禍のもと、会議室や集会所などの施設の利用人数が半分に制限されている一方、施設利用料は従来通りになっています。利用人数の減に伴い、利用料についても減額を行うこと。

 7、コロナ禍のもとで、感染の不安感から乳幼児の予防接種を受けていない保護者がいることが予想され、接種を受けていない保護者に対し公費による接種期間の延長が実施されたことを周知すること。

 8、学校では、コロナ感染防止のための消毒業務が教員などの負担になっていることを考慮し、職員の増配置を行うこと。


インデックスに戻る