日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

6月13日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

6月25日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

コロナ感染対策で生活にお困りの方、「緊急小口資金」貸付など拡充

 政府の新型コロナウイルス感染防止対策に関する第2次緊急対応で、生活福祉資金貸付制度の拡充が実施されています。社会福祉協議会が行っている制度で、このほど「緊急小口資金」「総合支援資金」について特例として貸し付け条件を緩和・拡充し行われています。

 これまでの「緊急小口資金」は、低所得世帯を対象に一時的に生計維持が困難になった場合に10万円以内で貸し付ける制度。返済の見通しがあるかどうかなどが厳しくチェックされます。

 一方、今回の新型コロナ対策では、貸し付け上限額について、学校等の休業、個人事業主等の特例の場合は20万円以内としています。据え置き期間は1年以内で従来の2か月以内から拡大され、償還期限は2年以内と従来の1年以内が延長されています。また、償還時に所得の減少が続く場合(住民税非課税世帯など)は、償還免除となる場合もあります。

 また、「総合支援資金」についても、据え置き期間は従来の6か月以内から1年以内へと拡大、従来は保証人がない場合は年1・5%の利子がありましたが、今回は無利子です。

 今回、生活福祉資金の貸付制度の要件が緩和されたことは前進ですが、コロナ感染防止の自粛要請は、苦境に陥っている事業者、個人への抜本的な直接支援こそ実効あるものになります。引き続き、国に対して求めていきます。

応急福祉資金貸付も特例措置を実施

 社会福祉協議会が生活福祉資金貸付制度を拡充したことに伴い、目黒区の生活福祉課が担当している応急福祉資金貸付制度も、新型コロナ対策の一環として特例措置を行います。

 貸し付け上限は30万円、据え置き期間は3か月以内、償還期限は60か月以内、無利子、無保証人です。  



インデックスに戻る