日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

4月4日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

4月23日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

新型コロナ対策=区の保健所体制の強化を

 私は本会議および今年度補正予算審議の中で、新型コロナウイルス感染防止対策において、保健所の体制を強化するように求めてきました。

 2月19日の代表質問での区の答弁は、「保健所の職員体制では対応が困難になると予想される場合は、庁内で職員の応援体制を構築していく」というものでした。

 新型コロナの感染が国内でも広がり、国民や区民がたいへんな不安の中にいる状態の2月28日の補正予算審議で、私は再度、保健所の体制を強化するよう求めました。

 現在、新型コロナの電話相談センターでは、東京都、特別区、八王子市、町田市が共同で24時間の体制をとっていますが、区民から電話がなかなかつながらないという声が出ています。また、ぜんそくや糖尿病など基礎疾患がある人は、余計に不安感が募っています。

 こうしたことを示し、私は「目黒区の保健所の電話相談窓口は平日午前9時から午後5時までの体制から、夜間・休日にも対応できるように24時間体制をつくるべきではないか」と要求しました。

 ところが、区の答弁は「区の保健所の24時間体制をつくるつもりはない」という冷たいものでした。

 新型コロナはじめ感染症対策にあたる部署は保健所です。区内の介護施設などの対策にあたるのも保健所であり、保健所の強化なくしては区としての責任ある対策はとれません。

 国では、感染症研究所の人員が減らされ、研究体制が弱まっていることが問題になっています。引き続き、保健所の体制強化のために議会で求めていきます。


インデックスに戻る