日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

9月14日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

9月19日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

区議会第3回定例会 9月5日から。6日に私が一般質問を行います

 目黒区議会第3回定例会が9月5日から30日まで開かれます。日本共産党目黒区議団から一般質問に立つのは、私と斉藤区議です。5日15時半すぎから斉藤区議、6日15時半以降に私が行います。傍聴におこしください。

 私が行う一般質問の概要は次の通りです。 

1.区営住宅など公営住宅の修繕費用についての公私負担の見直しについて

 区営住宅の修繕にかかる費用負担は、目黒区負担と入居者負担がある。入居者による故意や過失によって生じた修繕費や、消耗品の取り換えなどは入居者負担とされているが、近年、賃貸住宅の修繕の負担区分については大きな変化が生まれている。
 国土交通省は2017年の民法改正に伴い、賃貸住宅の契約に関する「賃貸住宅標準契約書」を見直し、借主が自ら負担してできるとされてきた修繕の一覧表を改定。UR賃貸住宅についても昨年末、修繕区分負担の見直しを発表した。都公社一般賃貸住宅でも、9月からは23項目の修繕について公社負担に見直す。
 区営住宅の居住者は、もともと入居条件からいって低所得であることに加え、年金生活者が増加し、入居者の所得はいっそう低下している。
 区営住宅など区内の公営住宅についても、こうした趣旨から修繕区分を見直すことが必要だと考え、以下、質問する。

(1)都公社住宅の見直しに合わせ、負担区分の見直しを
現在、区が入居者負担としている修繕項目のうち、都公社住宅が公社負担へと見直した修繕項目(カーテンレール、ドアスコープ、ドアチェーン、郵便受け箱、鏡・洗面化粧台、便器の便座やふた、シャワーヘッド・ホースなどの取り替え、壁・天井・建具の塗装の部分塗り替えなど)について、区負担へと見直すべきだがいかがか。

(2)民法改正の趣旨を生かした区民負担軽減を
また、国交省の民法改正による賃貸住宅標準契約書の改定の趣旨を考慮し、畳表の取り替え、障子紙、ふすまの張り替え、給水栓、LED照明の取り替えについても、実情を調査したうえで入居者負担を和らげるよう検討すべきだが、いかがか。

2.財務省小山台住宅等跡地利用計画について、区民の声を生かせ

 財務省小山台住宅等跡地については、公園の拡張用地や荏原消防署の出張所、福祉施設などが置かれる計画である。隣接する目黒区民にとっても、林試の森公園は区民の憩いの場であり、災害時の広域避難場所でもあり、その整備の在り方についても注視されている。区民からは、「ぜひ、住宅跡地周辺のみどりを減らさないでほしい」「災害時により多くの区民が避難できるようにしてほしい」「消防署の出張所が設置されることで、大きな影響があるのでは」など要求や疑問の声が上がっている。整備の主体は東京都と品川区であるが、目黒区としても区民の声を計画に反映させるよう力を尽くすべきである。そこで以下、うかがう。

(1)消防署の出張所が設置される影響について
荏原消防署出張所の計画地の前方道路は目黒区道であり、消防車などは目黒区内も走行することになる。付近は狭い道路も多く保育園などもあり、消防車などの大型車が円滑に運行できるのかどうか、また、区民に与える影響についてどう考えているのか、区の見解をうかがう。

(2)財務省住宅跡地の樹木の保存を
財務省住宅の南側道路(目黒区道)の歩行空間の確保として1.5mほど拡幅が予定され、それに伴い、公園内の約100本の樹木を伐採することが予定されている。周辺の住民からは樹木を残してほしいとの声も上がっている。樹木を保存するよう、目黒区としても働きかけるべきだと考えるが、いかがか。

(3)現在の計画で、広域避難場所としての機能は十分果たせるか。
林試の森公園は広域避難場所に指定されているが、現在の一人当たりの有効避難面積は都区部の平均を大きく下回り、公園の拡幅で一定、改善の見込みがある。その際、住民説明会でも火災延焼遮断など避難有効面積の考え方にかかわり施設の配置場所について多くの意見が出された。発災時は公園内に目黒区民も避難してくることから、区として現計画について十分と考えているのか、うかがう。

(4)目黒区独自の説明会の開催を
区民から、目黒区独自の説明会を開いてほしい、区としての整備についての考え方を聞きたいという声が上がっている。それにこたえるべきだと思うが、いかがか。


インデックスに戻る