日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

3月9日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

3月28日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

簡易ベッド導入など予算審議で避難態勢の充実について質疑しました

 目黒区議会第1回定例会は25日に閉会しました。会期中に行われた新年度予算案の審議で、私は防災対策について質疑し、発災時の体育館などの避難場所に、簡易ベッドを設置するよう求めました。 

 災害が起こったときには、基本的には体育館に避難することになりますが、熊本地震では地震の後で体調を崩すなどして死亡に至った震災関連死のうち、95人が避難所生活や車中泊を経験していました。いわゆる、エコノミークラス症候群です。

 この症候群は、車中泊だけで発生するわけではありません。2007年の中越沖地震では、避難所でのエコー検査で下肢静脈血栓が見つかりました。08年の岩手・宮城内陸地震の際にも発生し、避難所における静脈血栓は運動や水分補給だけでは予防できません。ベッドを使用することで予防できます。

 ベッドに寝起きすることで、立ち上がりやすくなることで動きが活発になり足の静脈の流れがよくなる、簡易ベッドの使用で床からの振動や冷気が伝わりにくくなる、床で寝ているときよりも歩く人が気にならなくなり、安心して眠ることができる、交感神経が刺激されないことで血液が固まりやすくならない、などのメリットがあります。

 簡易ベッドを導入するよう、区に求めました。

 これにたいし区は、体育館に大勢の人が避難してくるなど、スペースの確保に課題があることなどをあげ、研究していくという答弁にとどまりました。

 そこで私は再度、質問し、川崎市などでは段ボール業者と協定を結び、段ボールベッドを提供できるようにしていることを挙げ、区としても段ボール業界団体と協定を結び、簡易ベッドとして提供できるようにできないか質問しました。
 

インデックスに戻る