日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

11月10日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

11月15日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

羽田空港国際線増便による低空飛行問題でつどい

 羽田空港を離着陸する国際便を増便することに伴い、目黒など都心上空を航空機が低空飛行する問題で7月28日、区内三田地域でつどいを開きました。「街を飛行ルートにしないで@めぐろの会」が主催しました。

 冒頭、小泉事務局長から経過報告。都心部の上空を航空機が低空飛行することで、騒音がひどくなり落下物や墜落の危険性が飛躍的に高まることを指摘。「住宅密集地の上空を低空で飛行するなんて無謀すぎるのではないでしょうか? いまこそ、考えて行動しないと孫子の代まで禍根を残すことになりませんか」と訴えかけました。

 そして、品川区や港区、渋谷区、江戸川区、江東区などの住民が立ち上がり、東京連絡会をつくって羽田空港の増便と新飛行ルート計画の中止を求めていることを紹介。「新低空飛行計画の中止を求める署名にご協力をお願いします」と呼びかけました。

 会場からは、「航路は線が引かれているわけではなく、何百メートルにわたってずれる。うちは直下じゃないから大丈夫だとは言えない」「事故があってからでは遅い。ストップさせないと」「東京五輪後は、羽田空港離着陸便を早朝や深夜にも飛ばそうとしている。国際ビジネス航空のいっそうの受け入れ強化をするつもりだ。住環境よりも経済効率を優先させている。問題だ」など、意見が相次ぎました。

 私も発言し、区側が教室型説明会の開催を国に求めていることや、区議会での共同を広げる必要性があることを述べました。

 づどいに参加した人たちから、低空飛行計画を断念させるために取り組んでいく意思が示されました。


インデックスに戻る