日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

10月7日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

10月19日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

区政・区議会報告

2020年4月に待機児ゼロへ=区が新たな待機児童対策を策定

 目黒区はこのほど、保育所に入れない待機児童対策として新たな取り組み方針を策定しました。

3581人分の増

 区は2016年度中に認可保育所や小規模保育施設の新規開設により441人の定員を拡大してきましたが、17年4月の待機児は617人と昨年の299人から倍増する事態になっています。新聞などで、目黒区の待機児は世田谷区、岡山市に次いで第3番目と報じられています。

 こうした状況から、区として保育所の整備数を上積みし、待機児ゼロに向けた取り組みを加速させる必要から、今回の取り組み方針を示しました。

 区の基本的な考え方は、
 (欅藹蠅寮瀉屬鰐雲潴臼弔魎靄椶妨‘い垢襦
 ⊆存修見込める国公有地、区有施設については具体的な検討を進める。
 今後、国公有地、区有施設について、新たな活用の可能性が生じた場合、適時適切な対応をはかる。
 す颪篥圓瞭宛を踏まえ、国、都と連携して取り組む――です。
 また、待機児の9割以上を2歳児以下の乳児が占めていることを踏まえ、定時利用保育の活用とともに、1、2歳児の保育施設の定員を大幅に拡充するとしています。

 加えて、民有地の活用や大規模建築物等における保育施設の推進をはかっていきます。

 具体的な保育所整備目標は、2021年4月までに全体の定員数を8041人と設定(16年4月比約1・8倍)。17年4月開設分から21年4月開設分で3581人の定員を増加させます。これにより、区は20年4月に待機児をゼロにできると予測しています。

相変わらず区立はつくらず

 区は待機児解消に向け、21年4月までに3581人分の定数増を「実現する決意でがんばる」と言っています。これだけの定数拡大のためには民間の力を借りることは不可欠ですが、同時に「安定した運営のためにも区立の保育所を」と保護者の要望が高い区立保育所の増設も求められています。

 しかし、私たちが議会で強く求めても、相変わらず「ノー」の一点張りです。皆さんと力を合わせてここを突破していきたいと思います。

賃貸型で大丈夫か

 また、区は定数増目標の約57%を民間の賃貸型保育所で充足させようとしています。

 しかし、今年度に整備することが決まっていた6園の賃貸型保育所のうち1園が撤退するなど、果たして不安定な賃貸型で充足できるのかという疑問もあります。民間保育所が増えることで、区のチェック機能の強化や保育の質をどう確保するのかといった問題も横たわっています。私たちとしても、民間保育所をチェックする区の職員を増やし保育の質の低下を招かない体制づくりを求めていきます。

目標の前倒しを

 さらに、保護者が強く求めている待機児ゼロが3年後の達成目標になっているという弱点もあります。このことについて、区は「要保育率が年々あがり、こうしたことも勘案して目標を設定したもので、理解していただきたい」と言っていますが、整備のピッチを上げて早く待機児ゼロを実現しなければなりません。

 私たちもそのために、力を尽くしていきます。



インデックスに戻る