日本共産党目黒区議団 > 党の政策 目次 > 党の政策 詳細

党の政策

▶ 一覧に戻る

「目黒区特別支援教育推進計画改定素案(第三次)」への意見

.ぅ鵐ル―シブ教育実現のために基礎的環境整備と合理的配慮に力を尽くす計画を明確にすること。特に、身体障がいなどでエレベーター設置が必要な場合は、早急に対応すること。また、様々な障がいに合った教育環境の整備に力を尽くすことを明記すること。

東京都のモデル事業として行ってきた小学校全校での特別支援教室を設置しての取り組みは、特別支援学級や情緒障害等通級指導学級を利用する児童が事業前にくらべて2倍に増えるなど評価できるものになっている。今後、さらに充実させるために、正規教職員の配置を強めるなどの体制確立を推進施策に加えること。

小学校での実践を受け、中学校での支援教育の強化が重要である。当面、7中に設置されている通級の情緒障害等学級を他校に拡大する計画を盛り込むべきである。また、中学校における発達障害等の生徒への対応を検討するとあるが、小学校からの引継ぎができるよう早急に特別支援教室の実施を計画に盛り込むべきである。

て中働いている保護者やひとり親家庭、健康上問題がある保護者などの家庭での困難解決について、関係機関と協力しながら対応できる体制を確立する計画を持つこと。

ソ学前から卒業後までを見通して関係部局・関係機関との連携をどう強化するのかは重要な課題である。現在の相談活動中心のネットワークになっているが、さらに個別の子どもごとに就労まで一貫して支援するセンター機能を持つ部署を決定すべきである。教育委員会内か児童発達支援センターで行うのかを明確にして、独自の体制をとることを明記すること。
以上

このページの先頭へ ▲