日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

7月8日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

7月20日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

活動報告

向原小で研究発表会。ピアノによるメッセージがよかった
 区立向原小学校で10月31日、研究発表会が開かれ、参加してきました。5年前、区議会文教委員会に所属したとき以来の研究発表会への参加です。「子どもたちとの『かかわり』について考える」をテーマに授業を参観させていただき、講演に耳を傾けました。

 公開授業は、低学年が話づくりをとおして語彙(ごい)を広げる取り組み、3年生は自分自身をふりかえり、相手の良さを認める内容、4、5年生は体育、6年生は社会「廃藩置県に賛成か」という討論などが繰り広げられました。

 私は、ちょうど幕末を描いている大河ドラマ「篤姫」がオンエアされていることから、6年生の社会の授業を主に見ました。

 幕末の激動の時期に新政府がとった施策について、賛成か反対か意見を述べることは結構、6年生では難しいのではと思っていましたが、どうしてどうして、児童たちはきちんと自分の考えを述べていました。ふと、自分が小学校のときはどうだったか、暗記科目といわれている社会は得意でしたが、きちんと自分の意見を述べることはできたか――。なんか、今の子どものほうがしっかりしているなと感じました。

 第一の講演は、「個人研究とかかわり」というテーマで東京学芸大学教職大学院の大熊雅士教授が話されました。

 そして、第二の講演は、盲目のピアニスト、島筒英夫さんの登場です。島筒さんは1952年東京生まれ。2歳の時に病気で失明し、6歳よりピアノを始めました。

 71年武蔵野音楽大学ピアノ科に当時、全盲としては初めて入学。人の心の暖かさへの感謝、夢を抱いて生きることの素晴らしさ、戦争のない平和な世界実現への願いなど、様々な思いをピアノの弾き語りを披露します。

 この日は、島筒さん作曲の「さよならぼくたちのほいくえん」を披露。幼児が保育園を卒園し、小学校に入学して児童になるその期待感を、バラード風の曲にのせて歌い上げ、涙ぐむ参加者もいました。

 そして、最後はピアノのメロディーにのせてのメッセージ。組曲のような壮大さについ、聞きほれてしまいました。


インデックスに戻る