日本共産党目黒区議会議員
BACK TOP
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

12月14日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

12月19日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




mail

活動報告

補助46号線でいいことは? 問題点は? 私も防災まちづくり協議会の討論に参加しました
 東京都が補助46号線を計画していることについて、目黒本町周辺地区防災まちづくり協議会と地元八町会が共催して十五日、向原住区センターでこの計画に対する意見交換会が開かれました。私も参加させていただき、約二十人が出席しました。

 補助46号線とは、山手通りから、かむろ坂を経由し、目黒本町三、五丁目、原町一丁目を通って環状7号線、さらには目黒通りへと至る都市計画道路です。東京都と特別区が「第三次事業化計画」策定の際、今後二十年間(二〇〇四年から二〇一五年)で優先的に整備すべき区部の「優先整備道路」として選定しました。現在、補助26号線から30号線までの間がこの「優先整備路線」となっています。道路の幅員は二十メートルです。

 今回は、参加者が各町会ごとに分かれ、補助46号線ができると「どんな問題が起こりそうか、また、どんないいことがあるのか」を中心にグループ討論しました。

討論で出された意見


 ●古くからいる人たちが住めなくなってしまうのでは?

 ●コミュニティーがなくなり、町会がこわれてしまうのではないか。

 ●計画は撤回できないのか。できないとなれば、立ち退かなければならない人たちの補償はきちんとやってくれるのか。中央体育館の裏は都が買ってくれるのか。(46号線沿道の人)

 ●どういう影響が予想されるのか、アンケートをとることも必要。できるだけ多くの意見を聞いてすすめてほしい。

 ●46号線に賛成。災害防げる道路になる。町会が分断されることはない。いいことだから、早く青写真を示してほしい。

 ●沿道には共同住宅を建て、住民が引き続き住めるようなまちづくりが必要。

 ●首都高速環状品川線の五反田出入り口を利用する車が、46号線を使い、交通量は増えると思う。

 ●したがって、排ガスなどによる環境悪化が懸念される。



インデックスに戻る